R Y O K O I W A S E        ABOUT  /  NEWS  / WORK  /  CONTACT  /  FACEBOOK

 

 

 

 

 

岩瀬 諒子

新潟県うまれ、京都大学工学部卒。同大学工学研究科修了。

EM2N Architects (スイス、チューリッヒ) 、隈研吾建築都市設計事務所における勤務を経て、

2013年大阪府主催実施コンペ「木津川遊歩空間アイディアデザインコンペ」における最優秀賞受賞を機に、

岩瀬諒子設 計事務所を設立。建築空間からパブリックスペースまで、領域にとらわれない設計活動を行う。

2017年木津川遊歩空間「トコトコダンダン」竣工。

 

主な受賞:

・平成30年日本造園学会学会賞設計作品部門(2018)

・和歌山市和歌山城前広場及び市道中橋線設計事業者の公募型プロポーザル1等(2018)

・旭硝子株式会社主催実施コンペ「U30ガラス建築の設計競技」最優秀賞(2013)

 

教育歴:

・慶應義塾大学理工学部助手(2012-2014) 

・東京藝術大学美術学部建築科教育研究助手(2014-)

・京都大学工学部非常勤講師(2015-)

・神戸大学工学部非常勤講師(2018-)

・法政大学デザイン工学部非常勤講師(2016-)

・芝浦工業大学工学部非常勤講師(2017-)

 

Ryoko Iwase

Japanese Architect based in Tokyo Japan.

Research associates at Tokyo University of the arts, department of Atchitecture,Visiting Fellow at Darko Radovic Laboratory, Keio University, Part time lecturer at Kyoto University(2015-)

She established her own studio 'RYOKO IWASE' in 2013 when she won the public competition held by Osaka Prefecture Goverment, 'Kizu river water front competition'.

Recently, she also won the competition 'U-30 glass architecture comepetition' and selected one of 5 young architects for the exhibition'Under 30 Architects Exhibition 2013'

She has practiced at KENGO KUMA and Associates in Tokyo and EM2N Architekten, Zurich, Switzerland

after completion of a Masters in Urban and Environmental Engineering at Graduate School of KYOTO UNIVERSITY in 2010, and Graduating in 2007.